いつも、ずっと、あなたと長寿リン.jp

ホーム > 災害への備え > 感染症予防・運動について

災害への備え

感染症予防・運動について

感染症予防について

衛生管理

  • 食事の前やトイレを使用した後は、石けんと流水で手をよく洗いましょう。
  • タオルやハンカチの貸し借りは避けましょう。
  • 作業をする際は、けがをしないように丈夫な手袋を身に付けましょう。
  • ほこりが舞う環境や、人が密集している場所では、マスクを着用しましょう。

食品・飲料水

  • 暑い場所に放置された食事は、食べないように注意しましょう。また、賞味期限も確認してください。
  • 湧き水や、安全が確認されていない井戸水は飲まないようにしましょう。

その他

  • けがをしたり虫に刺された場合は、すぐに治療を受けてください。
  • 発熱やせき、その他体調不良を感じたら、直ちに医師に相談してください。

運動について

体を動かさない状態が長く続くと、心身の機能が低下します。
さらに食事や水分が不足した状態での運動不足が続くと、
血行不良による「エコノミークラス症候群」を発症しやすくなります。
予防のために、適度に体を動かすようにしましょう。

運動の種類や強度は、医師と相談しましょう

  • ときどき、軽い体操やストレッチ運動を行う。
  • 十分にこまめに水分を摂る。(透析患者さんは適正な量を心がけてください。)
  • アルコールを控える。できれば禁煙する。
  • かかとの上げ下ろし運動をしたり、ふくらはぎを軽くもんだりする。
  • 眠るときは足をあげる。

出典:厚生労働省HP「エコノミークラス症候群の予防のために」

    • 避難について
    • 食事について
    • 感染症予防・運動について
    • 被災地に学ぶ災害への備えと被災時の注意
PP-FOS-JP-0349-25-09

このページのトップへ

Copyright c 2009 Bayer Yakuhin, Ltd. All rights Reserved.