いつも、ずっと、あなたと長寿リン.jp

ホーム > ドクターに学ぶ透析 > 腹膜透析の実際と心臓病予防

ドクターに学ぶ透析

「透析とは何?」「どんな治療をするの?」「普段注意が必要なことは?」。
透析患者さんやこれから透析を始める方は、さまざまな疑問や不安を感じることがあるでしょう。
そこでより良い透析生活を支えるために、治療や気を付けたい症状、食事、運動など、透析に関する知識をドクターに学びます。

腹膜透析の実際と心臓病予防

新田 豊 先生済生会下関総合病院 腎臓内科 科長

大村 昌人 先生済生会下関総合病院 循環器科 科長

人工透析のなかでも、腹膜透析(PD)は通院回数が少なくてすみ、仕事を継続しやすい反面、導入時の入院や自己管理のためのトレーニングが必要な治療法です。腹膜透析を導入するステップなど、新田豊先生に詳しくうかがいました。また、透析患者さんに多いとされる心不全をどのように予防すればよいか、大村昌人先生に教えていただきました。

腹膜透析はどんな方に向いているか

― まず、腹膜透析について新田先生にうかがいます。腹膜透析はどのような方に適していますか。

 現在はお腹の手術をした方や、胃ろうを造設した方でも腹膜透析を選択できるようになりました。基本的に禁じられる条件はありませんが、腎臓の機能(残腎機能)が残されている方の方が、透析液の量や注排出の回数が少なくてすみ比較的楽に腹膜透析を始めることができます。また、数年以内に生体腎移植を検討されている方にも適しています。
 ただ、外出時にも、透析液の入った1.8㎏のバッグを持ち歩かなければなりませんし、自分自身で毎日きちんと操作しなければなりません。高齢の方が行うにはご家族の見守りや、訪問看護ステーションなど公的なサービスとの連携が必要だと思います。
 なお、一度選択した治療法をずっと続けなければいけないということはありません。「腹膜透析で始めたけれどどうしても継続が難しい」といった場合は、血液透析に変更することも可能です。

腹膜透析開始までのステップ

― 腹膜透析の開始前の準備について教えてください。

 腹膜透析を始める前に、予め入院してお腹にカテーテルを埋め込む手術が必要です。カテーテルを埋め込む手術と、その先端の出口部を取り出す手術を2回に分けて行う方法を「段階的導入法(SMAP)」といいます。5日〜1週間後に退院し、その後通院で自己管理の方法を学び、4〜8週間後に2度目の手術の後に透析治療が始まります。
 一方、1回の手術で術後、ただちにお腹の中の注排液交換を開始することもあります。これは透析導入前に症状が悪化してしまった患者さんによく行われており、多くは2〜3週間ほどの入院を経て退院となります。

合併症を予防するために

― 腹膜透析に特有の合併症を予防するには、どのようなことが大切でしょうか。

 カテーテルについたばい菌からの感染に注意が必要です。頻度はそう多くはありませんが、腹膜炎などのリスクがあります。しかし、あまり神経質になる必要はありません。予防はカテーテルの出口を清潔にする、それだけです。1日に2回、消毒液でカテーテルの出口部を消毒します。そして汗をかいた時など、不潔だと思ったらもう一度消毒をやり直します。入浴時の管理についてはパウチで覆う、そのまま入るなどさまざまな方法がありますので、主治医に尋ねてみてください。
 便秘はカテーテルの機能異常や腹膜炎のきっかけになることがあります。日ごろから便秘をしないようにすることも大切ですので、困っている場合は主治医に相談しましょう。

腹膜透析患者さんの運動と食事

― では、運動についてうかがいます。腹膜透析の場合、「腹筋を使う運動はしない方が良い」という話をよく聞きますが…。

 透析液が入っているところに腹圧が過度にかかると、ヘルニアのほか、ごく稀には横隔膜交通症という合併症が起こる可能性があります。日常的に軽い体操や、ウォーキングなどを行うのは問題ありませんが、腹筋体操や腕立てふせ、鉄棒など腹筋を過度に使う運動は避けるようにしてください。

― 食生活ではどのようなことに気をつければよいか教えてください。

 血液透析の方にも共通しますが、栄養管理をしっかりしながら、きちんと食べることが大切です。腹膜透析の方の場合、血液透析の方に比べてリンの摂取量を抑える必要がありますが、カリウムに関しては制限がやや緩やかです。
 高齢の方は自然に食事量が減る上、お腹の中に入れた透析液のために満腹感が生じて食事量が一層落ちたり、摂取カロリーを制限しすぎたりして「低栄養」になることがあります。塩分、リン、カリウムに注意しながら、患者さん一人ひとりに合わせて設定された1日のエネルギー量を摂るようにしてください。
 なお、腹膜透析には被嚢性腹膜硬化症(EPS)という合併症のために、目安としては透析開始後7年程度で血液透析への移行が必要になります。栄養状態が良好な上、体調もよい状態で血液透析に移行された方は、長生きしやすいというデータもありますので、栄養をきちんととることはとても大切です。

    • 知っておきたい「シャント」のこと
    • 透析患者さんの「かゆみ」のケア
    • 透析患者さんの「心」の健康
    • 透析導入後、食事はどう変わる
    • 透析をめぐる「お金」と「制度」
    • 腹膜透析の実際と心臓病予防
    • 透析でいきいき長生き
    • 透析当日の過ごし方
    • 知っておきたい合併症
    • 腹膜透析と血液透析
PP-FOS-JP-0042-10-08

このページのトップへ

Copyright c 2009 Bayer Yakuhin, Ltd. All rights Reserved.