掲載:2011年 夏 vol.07

Beauty & Fitness

フットケア第2回
セルフケアはここがポイント

イラスト

日本では、以前は足の病気が少なかったのですが、最近は靴を履いている時間が長く、生活環境の変化や高齢化などが重なって、足の病気が増えています。透析を受けている方は皮膚が乾燥しがちで傷になりやすく、抵抗力も低下しています。感染症を防ぐためにも、清潔と保湿に気を配り、毎日のケアを続けましょう。

足を清潔に保ちましょう

毎日の入浴やシャワーのときに、足をていねいに洗いましょう。

イラスト

指のあいだもていねいに
足の裏や指のあいだもていねいに洗いましょう。石鹸は少なめに、よくすすぎましょう。石鹸が多いと皮脂が流れ、乾燥してしまいます。

イラスト

刺激を与えないように
やわらかなタオルやスポンジを使いましょう。ナイロンのタオルなどで何回もこすると感染症の原因になることがあります。

イラスト

乾燥に注意して保湿を
乾燥している部分はクリームなどの保湿剤を塗って乾燥を防ぎましょう。

イラスト

水分はしっかりふきとりましょう
清潔なタオルを使いましょう。水分が残り湿っていると、指のあいだがただれてしまうことがあります。皮膚がふやけると傷つきやすくなるので、長湯はやめましょう。

イラスト
ヤスリを上手に使いましょう!
角質化が強くなりすぎると、薬が届きにくく、亀裂ができやすくなります。そんなときはフットケア用の目が細かいヤスリを上手に使いましょう。ただし、乾いた足の外から内に一定方向でかけ、ごしごしこすってはいけません。削れすぎ防止のためにぬれた足には厳禁。またヤスリを使用した後には、必ずクリームを塗りましょう。

爪の手入れ

伸びた爪は割れや、けがのもと。深爪も足トラブルのもとになりますから、正しい方法でこまめなケアを。

イラスト

適切な爪の長さを保つ
足の爪を下から手の指でなぞり、引っかかるようならケアをしましょう。誤って傷をつくらないためには、爪切りよりもヤスリで削るほうがよいでしょう。ヤスリは目の細かいものが使いやすいです。

イラスト

深爪は厳禁
皮膚に隠れた部分にはさみを入れて切ると、傷をつけたり、切り残しがあって爪の端が棘状に残ってしまったりします。また伸びてきたときに皮膚に食い込んで陥入 (かんにゅうそう) 爪をおこすことがあります。

イラスト

まっすぐに切る
伸びた部分を少し残して、横にまっすぐに切ります。両角は丸みをつけて少し残します。角を切りすぎると巻き爪の原因になります。

イラスト
靴下の効用
靴ずれやけがを防止するために、靴下を履くことがおすすめです。

靴下の選び方、履き方のポイント
  • 通気性のよい綿かウールのもの
  • 足を締めつけすぎず、ずれて下がらない、サイズのあったもの
  • 出血などに気づきやすい白色のもの
  • 毎日履き替え、清潔を保つ
  • 雨水でぬれたときは、早めに履き替える
  • ときどき足を乾燥させるために素足か、5本指靴下を履くのも効果的
POINT !
  • 明るい場所で切りましょう。
  • 爪が切りづらいときは、家族などに切ってもらいましょう。
      ・ 足の爪がよく見えない
      ・ 身体が曲がらず、爪が切りにくい
      ・ 時々、爪切りでけがをする
  • 爪が白くにごったり、爪が厚くなったり、変色、変形、割れ爪は、皮膚科かフットケア外来で診てもらいましょう。
  • たこやうおのめも自分で処理せずに、専門家に診てもらいましょう。

指導:高山 かおる先生
東京医科歯科大学附属病院皮膚科フットケア外来
http://www.tmd.ac.jp/med/derm/5footcare/footcare.html

新見千晶のビューティアップレッスンVol.6

ファンデーションのくずれを防ぐワザ

1. スキンケアはていねいに!
体温ハンドプレスでしっかり浸透させて

 スキンケアを行うときは、軽くこすり合わせた手のひらで肌になじませると、浸透が良くなり、肌になじみやすくなります。
 肌が乾燥しているとファンデーションがくずれやすくなりますので、ていねいにスキンケアを行いましょう。

イラスト

2. ファンデーションはつけすぎない!

 ファンデーションの厚塗りはメイクくずれの最大の原因。
 一度につけようとせず、スポンジを用いて顔の中心から外側のフェイスラインに向かって塗っていきましょう。

イラスト

3. ファンデーションをつけた後に、余分な油分をOFF!

ファンデーションをつけた後に何もついていないスポンジで、顔全体を軽くおさえると、余分な油分が取れ、ファンデーションが肌に密着し、くずれも防ぐことができます。

イラスト
新見千晶

新見千晶

ヘア&メイクアップアーティスト。ファッション誌、美容誌、広告、CM、カタログ、ファッションショーで活躍。撮影現場で培ったプロの美ワザを、わかりやすくシンプルに紹介する。

過去の記事を見る

ページトップへ