透析を考えるものづくりに密着!応援通販

掲載:2014年 vol.18

食材や製造方法にこだわった 透析食宅配サービス 写真
有限会社 ゲルソン商会

「人は食事でできている」。
管理栄養士が考えたこだわりの献立をお届け。

「食の安全」の重要性に気付き、透析食の製造・宅配を始めたという代表の高橋誠さん。

独自で開発された容器に、旬の食材で作った料理を盛り付けて、全国に宅配しています。

 腎臓病や糖尿病の方のために、オリジナルの製法で作られた季節のおいしい料理を宅配している「有限会社ゲルソン商会」。社名の由来は、ドイツの医学博士マックス・ゲルソンだと、代表の高橋誠さんは話します。「私はもともと広告や映像関係の仕事をしていたのですが、ある時ゲルソンの『ガン食事療法全書』という本を読んで衝撃を受けました。人間の体が必要とする食品や、望ましい調理法などについて書かれている本なのですが、まさに目からうろこが落ちるとはこのこと。人は食事でできているのだと、つくづく感じました。そして、〝安心安全な食〞に関する仕事をしようと思ったのです」。
 会社を設立する際、食品の品質を1ヶ月保つ特許技術を持った会社が横浜にあることがわかりました。ここに自社の透析食レシピを持ち込むことからスタートしたのです。レシピは、腎臓病に詳しい社外の管理栄養士4名に依頼。会社設立から3年の間に、最初の透析食から糖尿病食、低たんぱく質食と種類も増えました。1999(平成11)年には、食事療法研究所を設立し、自社で製造を開始。翌年には、血糖コントロール対応の透析食の宅配も始めました。

独自のクックチル調理法とオリジナル容器が特長。
できたてのおいしさを食卓へ。


地元の市場で仕入れた新鮮な素材を使用。1日に600食を作っています。


容器に食材を盛り付けたら、窒素ガスを充填。安全に料理のおいしさを保ちます。

 ゲルソン商会のメニューは、まず素材にこだわっています。野菜や魚は、業務用ではなく近くの市場で鮮度の良いものを仕入れます。そして、現在は500種類あるメニュー中から毎週違う料理を選んで献立を作り調理。この際、独自の「クックチル調理法」を採用しています。クックチル調理法とは、加熱調理した料理を一旦冷却して容器に盛り付け、窒素ガスを充填した後、お客様にお届けするまで低温を保つ方法。そして、ここで使用している容器は、オリジナルで開発されたものです。ガスバリア性能がある三層構造の素材を使っており、窒素が抜けてしまうのを防ぎます。「窒素充填をするのは、料理の鮮度やおいしさを保つだけではないのです。透析食というのは、通常カロリー摂取のために、油分が多めに含まれています。ただ油は酸化しやすいので、窒素の働きでそれを防いでいるのです」と高橋さん。現在は、4タイプの献立を全国にお届け。「料金は少し高めですが、素材やメニューの豊富さ、調理方法、そしておいしさに自信があります。トライアルも行っていますので、ぜひ一度お試しください」。


大多摩ハム おすすめBEST3

お問い合わせ

有限会社ゲルソン商会
東京都大田区南千束2-31-8-104  TEL. 03-3726-9222 FAX. 03-3726-9700
ホームページ http://www.gerson.co.jp/
商品・トライアルセットは、電話またはインターネットでご注文いただけます。

ページトップへ