透析を考えるものづくりに密着!応援通販

掲載:2015年 vol.20

少量でおいしくしっかり栄養補給 エプリッチドリンクSara リンやカリウムを含まず、手軽にエネルギー・たんぱく質を摂取できるドリンク。さわやかな透明色で、さっぱりとした飲み口が特長です。 株式会社 フードケア 開発部部長 小川康一さん(左)開発部主任 泉 綾子さん(右)
株式会社 フードケア
開発部部長 小川康一さん(左)
開発部主任 泉 綾子さん(右)

1997(平成9)年創業。現在まで、介護用食品を中心に各種疾患に対応した病態別食品の開発・販売を行う。商品のカテゴリーは幅広く、エネルギー補給食品やたんぱく質強化食品、ビタミンミネラル補給食品、さらに塩分調整食品など。現在40種類の商品を取り扱っている。2015(平成27)年1月に「エプリッチドリンクSara」を発売。現在の2種類の風味に加え、この秋には同シリーズで新たな風味の商品を発売予定。

夏バテしやすいこの季節、低栄養対策におすすめのドリンク。

エプリッチドリンクSaraの味を決定する「風味試験」。

エプリッチドリンクSaraの味を決定する「風味試験」。企画から実に1年をかけて発売となったが、そのうち5ヶ月は材料の選定や風味にこだわったそう。

パッケージも、何度も試行錯誤を繰り返した。

パッケージも、何度も試行錯誤を繰り返した。衛生管理の行き届いた工場で、無菌充填されているため、安心でおいしさも長持ち。

 腎臓病の患者さんは、食事の際にリンやカリウム、塩分など「摂り過ぎ」に配慮しなければならない成分があります。しかし同様に留意が必要なのが、摂取過多と反対の「低栄養状態」です。低栄養は、食事の偏りや咀嚼力・嚥下力の低下、孤食といった生活環境などによって引き起こされます。暑さが厳しいこの季節は食欲不振などのいわゆる「夏バテ」になりやすいため、さらに注意が必要です。
 株式会社フードケアは、創業以来さまざまな病の患者さんに向けた治療用(特に介護用)食品を開発・販売しています。自分でしっかりと噛み、飲み込む「食べる力」を「生きる力」と考え、食におけるQOL(生活の質)向上に貢献しています。
 ビタミンミネラル補給食品や塩分調整食品など幅広い商品の中でも、今年1月に発売され注目を集めているのがエネルギー・たんぱく質補給飲料の「エプリッチドリンクSara」です。少量で高カロリーが摂取できる飲料は、これまでの市場にもいくつかありましたが、たんぱく質源として乳・大豆を使用しているものが大半でした。「乳製品や大豆はアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。またこうしたタイプの味に飽きてしまった方に、味の選択肢を広げる意味でも利用していただきたいと考え、開発しました」と開発部の小川康一さんは話します。

原料にこだわり、透明感と飲み口を追及。

飲み終わった後、パッケージを広げると「いつもありがとう♪」のメッセージが。

飲み終わった後、パッケージを広げると「いつもありがとう♪」のメッセージが。おいしく飲んであたたかい気持ちになる、開発者のやさしい思いが詰まった1本。

株式会社フードケアの玄関入口。

株式会社フードケアの玄関入口。

 エプリッチドリンクSaraはミックスフルーツ風味とストロベリー風味の2種類。誰もが親しみやすい味で、おいしく栄養補給ができます。またクリアな透明感と、さっぱり爽やかな飲み口も特徴の一つ。その秘密は、たんぱく質源として使用しているコラーゲンペプチドにあります。「コラーゲンペプチドは、体を構成するたんぱく質の一種であるコラーゲンを、加熱・酵素分解して、より小さな分子にしたものです。種類によって特徴が異なるので、10種類以上の中から白濁しにくいものを選びました」と同じく開発部の泉綾子さん。さらに低分子化にあたっても、分子を小さくするほどさらっとした口当たりになりますが、分解が進むほどに苦味も増すため、もっとも良いバランスで仕上げることが一番大変だったと言います。
 さまざまな試行錯誤をくり返し、企画から約1年を経て生まれたエプリッチドリンクSaraは、1本(125ml)あたりエネルギー200kcal、たんぱく質8.0g、亜鉛とビタミン類は1日の必要量の約3分の1を補給できます。さらにうれしいのは、リン、カリウムともに0mgでナトリウムも少ないこと。腎臓病・透析専門の管理栄養士からも、特に水分摂取量に余裕のある場合に有効なエネルギー補給商品であると評価されています。
 すでに試した方からも「甘すぎず飲みやすい」「後口がさっぱりしている」との声も寄せられているエプリッチドリンクSara。この夏、ぜひ冷やしてお試しください。


株式会社フードケア おすすめ4アイテム

お問い合わせ

株式会社 フードケア
神奈川県相模原市中央区相模原4-3-14 第一生命ビル3F
〈インターネット〉 http://www.food-care.co.jp

ページトップへ