掲載:2015年 vol.21

疑問や心配を解消して、旅をもっと楽しく! 気軽に出かけよう!旅行のススメ その2
株式会社 大阪旅行
1982年の台湾旅行からスタートし、33年間、透析患者さんのためのツアー旅行を提案。その実績を活かし、これまでに日本全国・海外38カ国76都市への旅行を実施。毎年約300人(のべ1万人以上)の方が参加されています。

食事は一番の「旅の楽しみ」。料理店や旅館の協力で、思い出に残る旅行に。

イメージ

 旅の楽しみといえば、何といってもその土地ならではの景色と食事、そして祭りなどのイベント。特に食事は、せっかくの旅行ですから地元のおいしい名物を食べたいものです。しかし、日常とは異なる雰囲気もあり、ついつい食べ過ぎてしまうことも。またお酒が好きな方であれば、アルコールもすすみやすくなります。さらに、古くからの郷土料理や保存食はどうしても塩分が高くなりがちで、酒の肴は塩分だけでなくリンを多く含むものも多いので、特に注意が必要です。
 しかし、制限ばかりではせっかくの旅を楽しむことができません。食事の量や味付けなどは、上手にコントロールしながら、料理店や旅館、またツアーなどに申し込む場合は旅行会社の方にも協力してもらいましょう。例えば、予約の際に「料理の味付けは薄めにしてください」とお願いしたり、コース料理の場合はできる範囲で事前にメニューを確認し「メイン料理を少なめに」「サラダは温野菜に」と注文すれば、体にやさしいことはもちろん、旅先での心づくしの味わいを堪能することができます。
 透析をされている方におすすめのツアーを用意している会社では、もちろんその点には配慮しているはずです。他に、もし食物アレルギーや嫌いな食材があれば伝えておくと良いでしょう。

イメージ

スケジュールはゆったり設定。移動が多い旅は、体力とも相談して。

イメージ

 旅のもう一つの楽しみは、風景やイベントです。大自然に触れたり、祭りやセレモニーなどのイベントに参加することは、まさにそこに行かなければ体験できない旅行の醍醐味です。ただ、場所によっては観光スポットを歩いて見て回ったり、移動手段が少ないエリアのためにどうしても徒歩の時間が長くなったりする場合があります。普段から運動の習慣がないと、体力に不安を感じる方も少なくありません。

イメージ

 個人で旅行に行かれる方には、余裕をもってスケジュールを組むことをおすすめします。適度に休憩時間を設け、長時間歩き続けたり立ったままの状態でいることは避けた方が良いでしょう。特に暑い季節は、体温の上昇に加え、透析患者さんは水分摂取を控えるため脱水症状や熱中症に注意が必要です。体温調整しやすい服装と歩きやすい靴で、無理をしないペースを守りましょう。

旅は特別な時間と空間。神経質になり過ぎずに楽しみましょう。

 透析患者さんは、日常的に食事や入浴、運動などに留意していらっしゃいます。しかし旅先となると非日常の空間に出かけていくため、普段の生活と異なることに敏感になりすぎる場合があります。確かにある一定の配慮は必要ですが、せっかくの旅行を楽しむためには、あまり神経質になりすぎないことも大切です。これまでの知識や経験に照らしながら、周囲のサポートやアドバイスを上手に取り入れて、思い出に残る旅にしてください。

旅行に出かける前にチェック!6つのポイント

2回にわたりご紹介した、旅行に関して知っておきたい6つのポイントをまとめました。
オススメ旅行プランの紹介
カンボジアの世界遺産と、活気に満ちたベトナム最大の都市
アンコールワット&ホーチミン5日間
アンコールワット&ホーチミン

旅行期間/11月14日(土)〜11月18日(水)
出発地/東京・大阪
旅行代金/お1人様 218,000円
現地透析/1回(ホーチミン)
最少催行人員/6名

「東南アジア最大の世界文化遺産アンコールワットをはじめ、活気あふれるベトナム・ホーチミンの町並みなど見どころ満載のツアーです。

この他にも、国内・海外の旅行プランをご用意しています。
【お問い合わせは】 株式会社大阪旅行
TEL/06-6325-1111 http://www.osakatours.co.jp/otc04.html

過去の記事を見る

おすすめBOOK 3冊
掲載2016年 vol.26
おすすめBOOK 3冊

ページトップへ