心も体もあったまる
湯のまち・大分

掲載:2017年 vol.27

新しい年を迎え、ますます寒さ厳しい季節。
今回は、冬ならではのお楽しみである「温泉」についての、“日本一”を多く有する大分県をご紹介。
特色ある温泉もたくさん。ぜひそれぞれの魅力を味わってください。

ゆったり散策を楽しむ大人の贅沢時間。

美しくおだやかな由布岳をのぞむ古き良き街並みの温泉街。

 別府と並んで温泉地として人気が高いのが由布院です。由布岳のふもとの由布院盆地に広がる自然豊かな湯の里で、温泉街の情緒と建ち並ぶカフェのおしゃれでモダンな雰囲気が調和したエリアです。
 観光拠点になるJR由布院駅は、黒塗りの木造建築。世界的な有名建築家・磯崎新氏による設計で、礼拝堂をイメージしたデザインです。高さ12メートルの吹き抜けや、改札口のないオープンな造りが印象的です。
 駅から北へ進むと、由布院のメインストリート「湯の坪街道」があります。美しい樹木が立ち並び、カフェやレストラン、雑貨店、みやげ物屋も軒を連ねています。休憩や寄り道を楽しみながらさらに北へ歩いていくと、静かに広がるのが金鱗湖(きんりんこ)です。金鱗湖は、池底から清水が湧き出る湖。朝霧が有名で、秋から冬にかけての早朝には、池面から霧が立ち上がる幻想的な風景が楽しめます。これはお盆に霧が乗っているように見えることから、「霧盆」と呼ばれ、由布院を代表する風物詩にもなっています。
 その他にも、由布院には宇奈岐日女(うなぎひめ)神社や、絵画・詩画・ステンドグラスなどを展示した美術館といった見どころがたくさんあり、ゆったり静かな時間を満喫できます。

観光辻馬車

観光辻馬車
JR由布院駅から、約40〜50分かけて由布院の街を散策する辻馬車。軽やかな足音が心地よく、晴れた日には特におすすめ。

由布院駅
由布院駅

由布院駅
モダンなデザインがおしゃれなJR由布院駅の駅舎。駅のホームには足湯があり、足湯券(タオル付)を購入すれば入浴できる。

金鱗湖

金鱗湖
霧に包まれた神秘的な風景が魅力。傍らには湖を見守るように天祖神社が佇み、湖の中にはひっそりと鳥居が立つ。

宇奈岐日女神社

宇奈岐日女神社
由布院盆地をつくったなどの伝説がある宇奈岐日女を祀る神社。参道には、樹齢300年以上の大杉が連なっている。

郷土食から温泉スイーツまで 人気の大分グルメ

だんご汁

だんご汁
小麦粉で作った平たい麺を、味噌またはしょうゆベースの汁で似た麵料理。いりこで出汁を引き、ごぼうやにんじん、しめじ、豚肉などの具が入っています。普段の食事でよく食べられている身近な郷土料理です。

やせうま

やせうま
だんご汁と同じ、小麦粉で作った平たい麺をゆで、きな粉と砂糖をまぶしたおやつ。そのまま、または冷やして食べます。一部の地域では、お盆や七夕にお供えする習慣がある他、地元の学校給食でも提供されています。

温泉たまご

温泉たまご
別府ではいくつかの源泉(地獄)で食べられる名物料理。海地獄では、卵を竹籠に入れて地獄の湯に数十分浸けて茹でます。また鬼山地獄やかまど地獄では、地獄の噴気で蒸して調理。食べ比べも楽しめる手軽なおやつです。

地獄蒸し

温泉で蒸したプリン 地獄蒸し
野菜や魚介、肉類を約100度の蒸気で一気に蒸し上げる「地獄蒸し」も名物。鉄輪温泉では、塩化物泉の温泉蒸気によってほどよい塩味が付き、滋味あふれる素材そのもののおいしさが味わえます。同じく温泉で蒸したプリンや饅頭などのスイーツも評判です。

大分を訪れるなら、さらに足をのばしておすすめエリア

かつて天領として栄えた歴史ある「日田(ひた)」

豆田の街並み梅林湖慈恩の滝

1 豆田の街並み
豆田町は江戸時代、九州における商業・金融の中心地として栄えました。1601年に、一部を除く日田郡は幕府直轄領になり日田陣屋が置かれ、1767年には代官よりも格上の西国筋郡代が置かれるなど、江戸幕府の西国統治の拠点としての役割を担ってきました。今も当時の商家や土蔵が多く残り、2004年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

2 梅林湖
1973年に完成した水郷日田の水源地「松原ダム」は、地元の特産である梅にちなんで「梅林湖」と呼ばれ親しまれています。梅や桜、新緑、紅葉、雪景色と四季折々の風景を楽しむことができ、紅葉が美しい11月から春の爽やかな風が心地よい5月初旬にかけては遊覧船も運行しています。

3 慈恩の滝
高さ30メートルの変化に富んだ2段落としの名瀑で、豊かな水がしぶきを立てながら流れ落ちる様子は勇壮です。別名「裏見の滝」とも呼ばれており、裏側の遊歩道からも滝を見物できます。

雄大な自然のパワーを感じる「豊後大野(ぶんごおおの)」

原尻の滝稲積水中鍾乳洞

4" 原尻の滝
田園に囲まれた平地に突如現れる、幅120メートル・高さ20メートルの滝。「東洋のナイアガラ」とも呼ばれ、「日本の滝百選」にも選ばれています。上流には沈下橋、下流にはつり橋「滝見橋」が架けられ、滝の周りを散策できる遊歩道も整備されています。

5 稲積水中鍾乳洞
3億年前の古生代に形成され、9万年前の阿蘇火山大噴火によって水没し現在の形を成した鍾乳洞。洞内では珊瑚石やベルホールなどが多く見られる、世界的にも珍しい水中鍾乳洞です。

ページトップへ