掲載:2019年 vol.37

「新潟縦断 越後の里山と港町をゆく」南北に長く、上越・中越・下越・佐渡の4つのエリアで文化が異なる新潟。今号では、県内を縦断しながら、各地域の見どころをご紹介。美しい里山や港町の風景、歴史を今に伝える史跡など、奥深い新潟の魅力に迫ります。

苗名の滝
水しぶきを上げて豪快に流れ落ちる苗名の滝。その轟音が周囲に響き渡る様子が地震(なゐ)のようだと言われたことが名前の由来です。「日本の滝百選」にも選ばれています。

四季折々の自然を全身で感じられる妙高高原。

 日本海側に面し、全国でも5番目の面積を誇る新潟県。全長約330kmの長い距離ゆえに同じ県内でも地理的要素が多様で、上越市を中心とする「上越地方」・長岡市を中心とする「中越地方」・新潟市を中心とする「下越地方」、そして佐渡市からなる「佐渡地方」の4つの地域に大きく分けられます。
 地図上では、北から南へ向かって下越・中越・上越と並んでおり、これはかつて日本の都が京都にあった際、京都に最も近い地域を「上」としたことが由来とされ、新潟県以外でも同様の理由で名前が付いた地域が全国にあります。
 上越地方で、四季折々の絶景を満喫できるのが妙高高原です。長野県との県境近くに位置し、春は桜や菜の花、夏は笹ヶ峰牧場の新緑が素晴らしく、秋は一面の紅葉に目を奪われます。スキー場や温泉もあるため、冬には美しい景色に加えてまた一層の楽しみが増えます。近くにはハイキングやトレッキングのコースが整備されており、大自然に包まれて心身ともにリフレッシュできるでしょう。

地図 いもり池

いもり池
妙高山のふもとにある「いもり池」。この季節、色とりどりの紅葉を水面に写します。周囲には遊歩道があり、1周約15分で周ることができます。

古くから篤い信仰を集める、越後の一宮・彌彦神社。

彌彦神社

 中越地方に広がる霊峰・弥彦山の麓に鎮座する彌彦(やひこ)神社は、越後の一宮(いちのみや)です。一宮とは、日本の旧諸国で定められたもっとも格式高い神社のことで、その由緒や信仰の篤さによって、平安時代から鎌倉時代にかけて成立したと言われています。彌彦神社は約2000年前の創建と伝わる古社で、万葉集の歌にも詠まれています。商売繁盛や良縁成就などのご利益があり、「おやひこさま」と呼ばれて大変親しまれています。清々しい空気に満ちた境内や社殿の美しさはもちろん、緑豊かな参道も、参拝の楽しみの一つです。願いごとを念じながら石を持ち上げ、軽く感じれば願いが叶うと言い伝えられる「津軽火の玉石」や、日本有数の太刀・地元ゆかりの美術品が納められた「宝物殿」はぜひ立ち寄りたいところ。また、鹿苑では神の使いとされる愛らしい鹿たちに出合えます。

彌彦神社 彌彦神社 彌彦神社の鹿

愛らしい表情で寄ってくる鹿たち。タイミングが良ければ、えさをあげることもできる。 

見渡す限り田んぼが連なる、美しい棚田の風景。

星峠の棚田

 越後湯沢から十日町周辺は、群馬県との県境の山あいに位置し、素晴らしい棚田が点在しています。その見晴らしと、時間によって刻々と変える表情が特に人気を集めているのが「星峠の棚田」です。春は水を張った田んぼが水鏡のように空を映し、夏は青々と鮮やかな水稲が育ち、秋には黄金色の稲穂が夕日に輝きます。また冬には真っ白な雪が田んぼ一面を覆い、見渡す限りの銀世界が広がります。明け方に立ちこめる朝靄(あさもや)も美しく、その眺めを楽しむために一年・一日を通して多くの人が訪れます。

美味や工芸品も見逃せない!中越の名産品

寺泊の魚介 寺泊の魚介

寺泊の魚介
近海で獲れた新鮮な魚介類がずらりと並ぶ、魚の市場通り。「魚のアメ横」とも呼ばれ、通り沿いでは焼きイカなど露店のようなグルメも並ぶ。

十日町のへぎそば

上)十日町のへぎそば
そば粉に、「ふのり」という海藻を加えたこの地域独自のそばで、ほのかな緑色とつるつるとした喉ごしが特徴。

右)小千谷縮
小千谷市を中心に作られている麻の織物。手作業で多くの工程を経て作られ、指定の要項に沿ったものは国の重要無形文化財・ユネスコの無形文化遺産にも登録されている。

小千谷縮の雪ざらし

PP-FOS-JP-0370-27-10

ページトップへ