バーチャルツアー

歴史ある寺院と風光明媚なまちを訪ねて

歴史ある寺院と風光明媚なまちを訪ねて

「うみ18号」でご紹介した古都・鎌倉。
百日紅が圧巻の本覚寺や、萩の寺・宝戒寺などのお寺をはじめ、
江ノ電がコトコト走る、相模湾の風景が満喫できるコースをご紹介します。

スポット情報 ※スポット名をクリックすると、下部の紹介スペースの内容が切りかわります。

JR北鎌倉駅

徒歩約3分

東慶寺

徒歩約3分「JR鎌倉駅」下車、徒歩約3分

本覚寺

徒歩約2分

妙本寺

徒歩約15分

宝戒寺

宝戒寺近くのバス停「大学前」からバスで約5分、「大塔宮(鎌倉宮)」下車、徒歩約15分

瑞泉寺

徒歩約15分、バスで約10分「JR鎌倉駅」下車、江の島電鉄「江の島駅」下車徒歩約20分

江ノ島

スポット紹介

東慶寺

1285(弘安8)年、北条時宗の妻・覚山尼によって開創されたお寺。かつては「駆け込み寺(別称:縁切り寺)」とも呼ばれていました。初夏には境内の壁面に岩タバコの花が咲き、同じ時期、本堂裏には岩ガラミが花を付けます。一年でこの季節だけ、特別公開されています。

拡大

拡大

拡大

本覚寺

1436(永享8)年に創建された、日蓮宗の本山(由緒寺)。夏に鮮やかな百日紅(さるすべり)の花を咲かせる他、春のしだれ桜や秋のイチョウなどの美しさも有名。毎年正月の初えびすは、多くの人で賑わいます。

拡大

拡大

妙本寺

かつてこの地で栄えながらも、鎌倉幕府の将軍の後継問題に巻き込まれ滅ぼされた比企能員公ら比企一族の供養のために、日蓮聖人が開かれ守り伝えられてきた霊跡の一つ。夏には、だいだい色の花をこぼれんばかりに咲かせるノウゼンカズラが見ものです。

拡大

拡大

宝戒寺

「萩の寺」としてその名を知られるお寺。1335(建武2)年、後醍醐天皇の発願により足利尊氏によって創建されたとされる天台宗の寺院です。春の桜や夏の百日紅(さるすべり)、酔芙蓉、冬の梅や椿なども有名です。

拡大

拡大

端泉寺

「鎌倉随一のお寺」と呼ばれるほど、四季折々の花に彩られる瑞泉寺。夏から秋にかけての芙蓉をはじめ、梅やつつじ、牡丹、水仙などが花を咲かせ、見事な紅葉も見ものです。文学や学問とのゆかりも深く、境内には文人の碑や墓があります。

拡大

拡大

江ノ島

相模湾に浮かぶ、周囲4キロの江ノ島。シンボルである展望灯台・シーキャンドルの他、江の島神社や延命寺など、由緒ある寺社も建立されており、幅広い世代で楽しむことができます。

拡大

拡大

拡大

拡大

※Google マップが表示されない場合は、グーグルサポートページの手順に従ってご対応ください。

歴史ある寺院と風光明媚なまちを訪ねて 	夏の鎌倉・花めぐり

旅する特集の一覧ページヘ

透析を受けている方のためのライフスタイル誌 うみ