バーチャルツアー

大分

異国情緒あふれる祈りと恵みの島 南風(はえんかぜ)香る 天草

「うみ28号」でご紹介した「熊本県の天草」。
風光明媚な景色の数々と、
キリシタン文化を今に語り伝える歴史の舞台をめぐります。

スポット情報 ※スポット名をクリックすると、下部の紹介スペースの内容が切りかわります。

JR三角駅

車で約10分。

天草五橋

車で約40分。

祇園橋

車で約10分。

天草キリシタン館

車で約40分。

天草コレジヨ館

車で約15分。

﨑津教会

車で約5分。

大江教会

車で約3分。

天草ロザリオ館

スポット紹介

天草五橋

熊本県の宇土半島の先端にある三角(みすみ)から、天草上島までの島々をつなぐ5つの橋。一号橋から五号橋の間で2つの国道が重なるルートは、天草で真珠の養殖が盛んなことから「天草パールライン」と呼ばれています。

天草五橋

拡大

天草五橋

拡大

天草五橋

拡大

天草五橋

拡大

祇園橋

橋のたもとに祇園神社があることから、その名が付いた「祇園橋」。国内最大級の石造桁橋で、全国的にも貴重な多脚式ということから、国の重要文化財に指定されています。「島原・天草一揆」で、農民による一揆軍と唐津藩兵との戦いの舞台にもなりました。

祇園橋

拡大

天草キリシタン館

島原・天草一揆で戦いの場にもなった本渡(本戸)城跡に立つ資料館。島原・天草一揆で使用された武器や国指定重要文化財の天草四郎陣中旗、キリシタン弾圧期の踏み絵など、約200点が展示されています。

天草キリシタン館

拡大

天草コレジヨ館

大神学校「コレジヨ」の開校や天草本の出版など、16世紀以降に河浦の地に伝えられた南蛮文化の資料を多数展示。中でも、グーテンベルク式活版印刷機(模型)や天正少年使節団が派遣された際の南蛮船「ナウ号」の模型は必見です。

天草コレジヨ館

拡大

﨑津教会

天草下島の南西部に位置する﨑津集落に建つ教会。天草にキリスト教を伝えたポルトガル人のルイス・デ・アルメイダ氏によって建てられ、後にフランス人司祭・ハルブ神父によって現在の姿になりました。ゴシック様式で、白漆喰の内壁と畳敷きの床、ステンドグラスが特徴です。

﨑津教会

拡大

﨑津教会

拡大

大江教会

キリスト教の解禁後、天草でもっとも早く造られた教会で、東シナ海をのぞむのどかな丘の上に佇んでいます。現在の建物は、1933年にフランス人宣教師・ガルニエ神父と地元の信者が協力して建立しました。

大江教会

拡大

天草ロザリオ館

大江教会のすぐそばに建つ資料館。当時のキリシタンが用いていた貴重な資料の数々が展示されています。

天草ロザリオ館

拡大

※Google マップが表示されない場合は、グーグルサポートページの手順に従ってご対応ください。

異国情緒あふれる祈りと恵みの島 南風(はえんかぜ)香る 天草

世界遺産登録を目指す 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

旅する特集の一覧ページヘ

透析を受けている方のためのライフスタイル誌 うみ