バーチャルツアー

宮崎

自然豊かな聖地をゆく 宮崎・神話の里めぐり

「うみ36号」でご紹介した宮崎。
日差しがあふれる南国の風景と、
日本のルーツとも言える歴史や伝統に触れてみましょう。

スポット情報 ※スポット名をクリックすると、下部の紹介スペースの内容が切りかわります。

JR宮崎駅

車で約2時間。

高千穂峡

車で約5分。

高千穂神社

車で約15分、徒歩約10分。

天安河原

車で約3時間30分。

サンメッセ日南

車で約15分。

鵜戸神宮

車で約1時間30分。

都井岬

スポット紹介

高千穂峡

天孫降臨の伝説が残り、今も神秘的な雰囲気に満ちている高千穂町。中でも、切り立った崖が約7kmにわたって続く高千穂峡は見どころの一つです。渓谷に流れ落ちる真名井の滝も大迫力。豊かな木々と美しい緑色の川が幻想的で、国の名勝・天然記念物に指定されています。

高千穂峡

拡大

高千穂峡

拡大

高千穂神社

高千穂神社では、邇邇芸命(ににぎのみこと)をはじめ、日向三代(日本神話における地神五代のうち三柱)とその配偶者を高千穂皇神として祀っています。巨大な夫婦杉や、悩み・世の乱れが鎮められるという鎮石も必見。夜には夜神楽も拝見できます。

高千穂神社

拡大

高千穂神社

拡大

高千穂神社

拡大

天安河原

天照大神が天岩戸に隠れてしまった時、困った神々が相談のために集まったとされる河原。一角にある仰墓窟(ぎょうぼいわや)の洞窟には天安河原宮が建てられ、八百万の神々が祀られています。そのため、願いごとが叶うとされています。

天安河原

拡大

天安河原

拡大

天安河原

拡大

サンメッセ日南

イースター島のモアイを修復した日本の功績により、世界で唯一、島の長老会から特別な許可を得て完全復刻したモアイ像が並んでいます。全部で7体あり、それぞれに異なるご利益があると言われています。「モアイ」には「モ」が未来、「アイ」が生きる、すなわち「未来に生きる」という意味があります。ほかにも、フランス語で「見る人」を意味するカラフルな人形「ヴォワイアン」や、世界でも珍しい昆虫展、ユネスコ本部より直接許可のパネル。太陽の丘には蝶の地上絵など、見どころもたっぷりです。

サンメッセ日南

拡大

サンメッセ日南

拡大

サンメッセ日南

拡大

サンメッセ日南

拡大

サンメッセ日南

拡大

鵜戸神宮

第10代崇神天皇の時代に創建されたと伝わっています。鮮やかな朱色の楼門をくぐり、海を見下ろす石段を降りると洞窟があり、その奥に本殿がたたずんでいます。縁結びや夫婦円満、子授け、安産、育児祈願などのご利益があり、磯にある亀石のくぼみに「運玉」を投げ、入れば願いが叶うという願掛けもできます。この鵜戸神宮の一帯は「鵜戸」として、国の名勝にも指定されています。

鵜戸神宮

拡大

鵜戸神宮

拡大

鵜戸神宮

拡大

鵜戸神宮

拡大

都井岬

国の天然記念物である御崎馬(みさきうま)が、現在約120頭生息しています。体長・体高ともに130cmほどと小柄な馬で、大変人懐こい性格が特徴。都井岬にはその一角に白亜の都井岬灯台もあり、晴天時には種子島まで見晴らせます。

都井岬

拡大

※Google マップが表示されない場合は、グーグルサポートページの手順に従ってご対応ください。

自然豊かな聖地をゆく 宮崎・神話の里めぐり

旅する特集の一覧ページヘ

透析を受けている方のためのライフスタイル誌 うみ

PP-FOS-JP-0294-11-06