バーチャルツアー

新潟

新潟縦断 越後の里山と港町をゆく

「うみ37号」でご紹介した新潟。
上越・中越・下越・佐渡の4つのエリアの文化や見どころをご紹介します。

スポット情報 (上越・中越・下越コース) ※スポット名をクリックすると、下部の紹介スペースの内容が切りかわります。

しなの鉄道 妙高高原駅

車で約10分。

妙高高原(いもり池)

徒歩で約45分、しなの鉄道 妙高高原駅から電車でJR弥彦駅下車、徒歩で約15分。

彌彦神社

徒歩で約15分、JR弥彦駅から電車でJR寺泊駅下車、徒歩で約15分。

寺泊の「魚の市場通り」

徒歩で約15分、JR寺泊駅から電車でJR白山駅下車、徒歩で約13分。

新潟県政記念館

徒歩で約13分、JR白山駅から電車でJR村上駅下車、徒歩で約20分。

若林家住宅

スポット情報 (佐渡コース) ※スポット名をクリックすると、下部の紹介スペースの内容が切りかわります。

小木港

車で約10分。

宿根木集落

車で約30分

大膳神社

車で約30分。

史跡佐渡金山

スポット紹介

妙高高原(いもり池)

上越地方で、四季折々の絶景を満喫できる妙高高原。春は桜や菜の花、夏は笹ヶ峰牧場の新緑が素晴らしく、秋は一面の紅葉が人気です。スキー場や温泉もあるため、冬も楽しみが尽きません。妙高池のふもとにある「いもり池」は、周囲に遊歩道があり、季節の風景を眺めながら散歩することもできます。

妙高高原(いもり池)

拡大

妙高高原(いもり池)

拡大

彌彦神社

古くから篤い信仰を集める、越後の一宮「彌彦神社」。一宮とは、国内でももっとも格式高い寺社のことです。1300年以上前の創建で、万葉集の歌にも詠まれています。商売繁盛や良縁成就などのご利益があり、「おやひこさま」と呼ばれて大変親しまれています。

彌彦神社

拡大

彌彦神社

拡大

彌彦神社

拡大

彌彦神社

拡大

彌彦神社

拡大

寺泊の「魚の市場通り」

近海で獲れた新鮮な魚介類が並ぶ、魚の市場通り。「魚のアメ横」とも呼ばれ、通り沿いでは焼きイカなど露店のようなグルメも多彩に並びます。

寺泊の「魚の市場通り」

拡大

寺泊の「魚の市場通り」

拡大

寺泊の「魚の市場通り」

拡大

新潟県政記念館

もとは新潟県の県会議事堂で、その後、郷土資料館や県庁分館として使用されてきました。赤い屋根が印象的な、素晴らしい木造洋風建築で、現存する明治初期の議事堂としては国内唯一の建物です。国の重要文化財に指定されています。

新潟県政記念館

拡大

若林家住宅

村上藩の中級上位にある家柄の藩士の邸宅で、200年以上前に建てられました。見事な茅葺きの平屋建てで、侍屋敷の特徴である東西南北に棟のある「曲屋(まがりや)造り」になっています。国の重要文化財に指定されています。

若林家住宅

拡大

宿根木集落

江戸時代に北前船の寄港地として発展し、廻船業の人々が住んだ地域。そのため、船板壁の家屋が多く建てられました。軒下飾りや看板に趣向を凝らした家もあり、船大工の熟練の技術や工夫、遊び心が感じられます。こうした家屋が約1km四方に集まる集落は、国の伝統的建造物群保護地区に指定されています。

宿根木集落

拡大

宿根木集落

拡大

宿根木集落

拡大

大膳神社

能楽の大成者・世阿弥によって能が伝わり、今も大切に受け継がれている佐渡島。大膳神社は、食物を司る御食津大神(みけつのかみ)を祀る古社です。境内にある立派な藁葺きの能舞台は、佐渡に現存する最古の由緒ある能舞台で、古くから能が演じられています。

大膳神社

拡大

大膳神社

拡大

史跡佐渡金山

1601(慶長6)年に発見された金山。産出された金・銀は、江戸幕府の経済基盤を築きました。現在は約400kmにわたる坑道の一部が公開され、等身大の人形が当時の採掘の様子を再現しています。

史跡佐渡金山

拡大

史跡佐渡金山

拡大

※Google マップが表示されない場合は、グーグルサポートページの手順に従ってご対応ください。

新潟縦断 越後の里山と港町をゆく

旅する特集の一覧ページヘ

透析を受けている方のためのライフスタイル誌 うみ

PP-FOS-JP-0368-22-10